上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.06 女神と蝸牛
20080506232609
一足早い母の日かねて母と叔母&従姉妹と一緒に鳴門の大塚国際美術館にいってきました。
朝の開館時間に合わせて歩きやすい恰好、一日かけて見て回る気満々です。美術館の規模がやたらとでかくまともに見て回るとどうしても一日がかりなんですよね…。
ちなみにこの美術館、世界の名画の精巧な複製を集めた少し特殊な美術館です。いってしまえば所蔵品はオールレプリカなワケですが。まぁ、そこら辺割り切ってしまえばいつでも世界の美術館の美味しいとこどりで大変見応えがあってオススメです。私は好きだ。特にスクロヴェーニ礼拝堂の天井の青の深さは本当に何度見ても溜息が出ます。
写真は館内中庭の一画にある壁画、「貝殻のヴィーナス」にて。植え込みにいたちっさい蝸牛と一緒に。1フレームにおさめたくて無理矢理携帯向ける様はさぞ滑稽だったに違いあるまい…。
結局疲労と時間に押されて最後の辺は少し駆け足に近かったけど、今回も大変楽しかったです。…これで入場料がお手頃なら文句なく通いつめるとこなんですが(大人お一人様3150円也)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://raosiahon.blog107.fc2.com/tb.php/100-87fe08f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。